いつまでも若く、健やかに暮らしたい

先日、また札幌の実家に寄って来ました。

ちょうど函館に出張があって、1泊だったのでちょっと足を延ばして見ました。

以前だったら、ススキノで遊んじゃおうかという感じでしたが、やはり40ともなると少し落ち着いてくるんですかね。

父母の顔が見たくなる時があります。

幸い、両親とも大きな病気もなく、悠々自適の暮らしを楽しんでいますが、これが病気があったりすると介護の問題が出てきて大変です。

実は、札幌のマンションにうつる前に、介護付きの老人用マンションを買おうかという話もありました。

シティビルサービス札幌で探してみた時期もあったのですが、健康なうちは普通のマンションで・・・ということになりました。

シティビルサービス札幌の方にも言われたのですが、老人用に介護付きのマンションにうつってしまうと、それが転機で一気に老け込んでしまうという方もいるそうで、元気なうちはなるべく普通の暮らしをした方がいいということでした。

確かに、私などでもそうですが、年齢を意識しすぎるとかえって老け込んでしまう・・・っていうことがあるような気がします。

「もう歳だから・・・」「若くないから・・」というのは事実としても、あえて言わなくてもいいものかもしれませんね。

サッカーの三浦知良選手とか、イチロー選手とか、自分から決してそんなことは言わないし、まだまだこれからという意識が高いような気がします。

そういう人っていつまでも気持ちが若いんですよね。

父母もいつまでも気持ちから若くいて欲しいものです。

Posted by 2017年7月4日 Category: 年齢で変わる住居の条件